FC2ブログ

CBR400RR NC23と つれづれなるままに!

きっと役に立つかも? バイクメンテナンスの参考書になれば。

キャブレター洗浄


もう何回もやっているので 簡単に!!




なんか洗浄すると、エンジンの調子が
いいんだよな!


都市伝説なのかもしれません。





キャブレターはずしてみたところ!!




分解
洗浄
組み立て





組み立てている途中



この後ちゃんと組み立てて

取り付けしました!








よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓




スポンサーサイト



  1. 2017/03/03(金) 21:31:07|
  2. 5.燃料装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブレター オーバーホールとガスケット交換



なんか、キャブレターから 
ガソリンが漏ってる気がするんだよな…

とりあえずキャブレターをはずしてみた!!
もう何回キャブレターのオーバーホルしてるだろう

何度やってもきりがない…
 



なんか垂れた感じの跡があるんだよな…





パッカッと開けてみて特に変哲もなさそうだが
前回開けた時にガスケットにクラックが入ってるので
ガスケット手配後の交換と相成ったわけです。

ネジも古いから新しいのに交換したいな…





いつも通りキャブレタークリーナを使って
徹底的に洗浄しして組みなおしてみる…





ガスケットがあった場所は古くなったガソリンが
ガム状に硬化していたので削り落とすみたいに
綺麗にしました!!





先日オクで入手したガスケットを仮当て





問題なさそうなのでハメハメしてみました!!
サイズもばっちりでいい感じです。






全部セットして、キャブレターの完成
これで何とかなるといいのにな…






逆の手順で取り付けて行けば完成です!!





交換したガスケット


あなたの愛車経年交換してないのであれば
ぜひ交換してやってください!
気が付いたらガソリンが漏れて
バイクが丸焼きになるかもしれませんよ!





今回の作業で気が付いた事!!

キャブレターを取り付けるインシュレーターですが
年数が経っているためかなりの硬化ぶりです
余裕があるならインシュレーターの交換ですが
手に入んらないんじゃないかな???

キャブレターをバンドで締めて取り付けるんですが
ちゃんと締まらないのでしょうか???
インシュレーターが湿ってるんですよね!
また今度見てみてから検討しよう…


あと燃料のラインもチェックしてくださいね
落とし穴が待ってるかもしれませんよ!!






これでだめならキャブレターの燃料ラインの
ガスケット交換だな!!しゃあなしだ!!
愛着が わいてくるぜ!!

ご苦労様でした!!




よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓










  1. 2015/06/16(火) 22:14:26|
  2. 5.燃料装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブレターガスケット 考察してみた

キャブレターガスケット


手ごろな値段で入手できるんじゃないのか!?



じゃあ、 考察しようじゃありませんか!! 



コンパス使ってみた!
何年振りだろう、
だが、使い方は体が覚えてた!!



半径3.5cmの円を描いてみて
購入したガスケットと比較!!
ジャストフィットじゃないですか!



直径は7.0cm 太さ2.0cm 感覚サイズだから気にしない


本気の方は 以下参照!!


モノタロウでパッキン類は買えるので
本気の検索結果です!

NOK
Oリング フッ素 AS568-D
材質 FKM(フッ素ゴム) 種類 AS568形固定用 使用温度範囲(℃) -15~200(MAX220)
線径(Φmm) 1.78±0.07 材料記号 F201 硬さ(デュロメーターA) 70±5
NOK呼び名 CO4699G0 内径do(Φmm) 69.57(±0.50)
339円(税別)

NOK
Oリング AS568(ARP568)(固定用、航空機用Oリング油圧用) NBR
材質 NBR(ニトリルゴム) 種類 AS568形固定用 使用温度範囲(℃) -24~100(MAX120)
線径(Φmm) 1.78±0.07 材料記号 A305 硬さ(デュロメーターA) 70±5
NOK呼び名 CO4699A 内径do(Φmm) 69.57(±0.38)
97円(税別)

NOK
Oリング AS568-B
材質 NBR(ニトリルゴム) 種類 AS568形固定用 使用温度範囲(℃) -23~100(MAX120)
線径(Φmm) 1.78±0.07 材料記号 A105 硬さ(デュロメーターA) 90±5
NOK呼び名 CO4699B 内径do(Φmm) 69.57(±0.38)
109円(税別)

どれを使うかはあなた次第ですが
フッ素ゴムがいいと思いますよ!!
ちょっと値段するからもったいない人は
一番安いのでもいいんじゃないの!?

自己責任だからどれを選んでもあなたの責任!!
それだけは忘れないでね!

約束だよ!



よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓





NOK Оリング太さ(1.78mm) AS568-039D (CO4699G0)

NOK Оリング太さ(1.78mm) AS568-039D (CO4699G0)
価格:281円(税込、送料別)

  1. 2015/06/14(日) 19:52:31|
  2. 5.燃料装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアークリーナーケースの交換


だいぶん前のこと・・・


やっちまったエアークリーナーBOX

       ↓

エアークリーナーの交換



あれから幾歳月でしょうか






エアークリーナーBOX発見したので!!!





ムフフ   交換しときました!!





キャブ13-s


作業順序

①タンクをはずす
    ↓ 参照下さい
タンクのはずし方


②エアークリーナーボックスのはずし方
    ↓ 参照下さい
エアークリーナーの交換
良いとこ取りすればはずせるはず!!



頑張れば何とかなるよ!!





よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓





  1. 2013/06/02(日) 22:06:34|
  2. 5.燃料装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャブレター分解清掃

キャブレターの分解は
もう何回目だろうか???


何回やってもまともにならないし
部品はその都度つぶしてしまい


もう、コリゴリなんです!!


事の発端は下記画像にて

     ↓


キャブ1-s
キャブレターはオーバーフローしてしまい
ガソリンが漏れ出したしまう次第・・・


おまけに、エンジンまで止まっちゃったよ!!




キャブ2-s簡単に手順を紹介

①シートをはずす
②タンクをはずす
③エアークリーナーをはずす
④キャブレターをはずすと


こんな感じです・・・

お漏らしやら、経年の汚れで汚いです。



キャブ3-s
インシュレーターも硬くなってますね
古くなると仕方ないのかな!!




キャブ5-s
とりあえずプラグチェックしますが
結構オイルまみれ・・・



キャブ6-s
ダイヤフラム側の分解
ジェットニードルにダンツキが無いかチェック!!



キャブ7-s
メインジェット側の分解

ご開帳!!



キャブ8-s
中途半端な分解は大変ですよ
何度も分解する羽目になるので


バラバラに出来る所は
      徹底的に分解すること!!




キャブ9-s
汚れはキャブクリーナーで
付け置き洗浄に限ります!!



キャブ10-s
スロージェットは以前ですが
ばらそうとした時はずれなくて


ショックドライバーでたたいてやったのさ!!


そしたら割れちゃったり、変形したんだよ!!



キャブ11-s
だから、今回は新品に交換!!


すっきり!!



キャブ12-s
パイロットスクリューもはずして

サキッチョについた汚れを落とします

パイロットスクリュー開度は

2-1/2回転戻し

サービスマニュアルより



今回の教訓

キャブレターは徹底的に分解!!
穴たる穴は全てキャブクリーナーなどで
徹底的に洗浄するべし!!
ヤバイと思ったパーツは交換すること



逆の手順で全て元通りにして
取り付けして下さいね!!


やれば何とかなるものです!!




よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓

















  1. 2013/05/29(水) 22:34:35|
  2. 5.燃料装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ