FC2ブログ

CBR400RR NC23と つれづれなるままに!

きっと役に立つかも? バイクメンテナンスの参考書になれば。

ラジエーター液交換


車検が近いから仕方ないんだよね!


整備するのが楽しくて仕方がない!!




ネジはずして

ぴゅっ ぴゅっ





キャップはずして

びゅっ  びゅっ  ゆ~~ぅ!!





ちゃんと受け止めてね!


じょぼ じょぼ!



汚いのが出てきたよ!!
サラサラなんだけどよごれてるんだよね!





排出のボルトを締めてラジエーターオイル入れて
何回か揺すって、再度注入!




キャップを締めたら出来上がり!!





リザーバータンクの容量をチェックするのをお忘れなく!!








よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓














スポンサーサイト



  1. 2017/03/01(水) 21:42:19|
  2. 4.冷却装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジエーター液交換後の残留物


ちょっと息抜きに違う記事を!!

2年に1回は交換してるような気がするので!


       ご参照ください

            ↓

前回の作業風景!!

いつも思うんです

ラジエーター液バケツに出して
廃液処理するんですが
(適切に処理してくださいね)
ゴミがいつも残るんですよね!

   なんでだろう!?


ラジエーターの劣化?
訳判んないけどゴミがでる
ラジエーター壊れませんように


ちょっと ピンボケやね!




よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓






  1. 2015/03/03(火) 21:10:31|
  2. 4.冷却装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クーラントの交換とOリングの交換

まずは、タンクをはずすのですが

タンクのはずし方
         ↑
       参照下さい


キャップをはずします

ねじれば、外れるはず!



ウォーターポンプのフランジボルトとワッシャーを
10mmのレンチではずします

8mmは、 ハズレ  だよ




勢いよく出てくるので、バケツでキャッチ!!

ジョンジョロリン、ジョンジョロリン



放出されたクーラント

今回の液体抜きは 成功
ちょっと、おもらししましたが、



今回の本題は!!

L.ウォーターパイプからクーラントが
にじみ出ていたので、Oリングの交換

シリンダーヘッドからウォーターパイプをはずしますが、
10mmのレンチでは、(道具によって)
キャブレターのスクリューセット(エンジン回転数を調整するネジ)が
干渉しますので、工具の選択が必要です
場合によってはキャブをはずすのも手かも知れません





とりあえずウォーターパイプをはずしてみると

なんじゃこりゃ~~

ヘドロっぽくなっていました
24年間たくわえてきた汚れなんでしょう




Oリング クッラック入ってますね
長年ありがとう!!



新旧比較!!
右の新しい方は、張りと艶がありますね
Oリング





シリンダーヘッド側も軽く綺麗にして取り付けです


ウォーターパイプは汚れを取り
800番のペーパーで軽くサビと汚れを落とす感じで
綺麗にしてみました。


逆の手順で取り付け


さ~ 注入の時間ですよ



500mlのペットボトルにクーラントを入れて
注入しました!!

きれいだね


おかわりの、水道水500ml X2回


パーツマニュアルによりますと!!
冷却装置  全容量 2.20L
        分解時 1.68L
        交換時 1.44L


だから今回ペットボトルおよそ3本分


ごちそうさまでした!!



追記
完成写真が無かったので


軽くペーパーかけたので綺麗でしょ!!



よかったら、ぽちっとしていってくださいね。
     ↓






  1. 2013/01/20(日) 21:36:27|
  2. 4.冷却装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0